看護師の仕事と資格:患者へのサービスへの現在と未来を考える

看護師の仕事はどんな仕事ですか?
看護師の仕事は、患者さんに与ちうる医療行為やケア、看護師ならではの看護活動などを含めた医療従事者としての幅広い業務を行っています。
患者さんの健康の監視と改善、病院でのポジショニング、検査の実施や治療などの看護行為などが挙げられます。
これらの仕事を行うために、看護師が保持する専門的な専門的技能と理解力が必要となります。
また、患者さんの介護に関しては、プライマリケアや生活支援サービスなども提供する必要があるため、社会福祉業務にも関与する必要があります。
根拠としては、日本看護協会の「看護実践ガイドブック2020年版」があります。

看護師が行う職務は何ですか?
看護師は、患者の健康を管理する純粋な看護師としての役割を担います。
その主な業務内容として、悪性新生物の発見、予防的治療サービスの提供、ケアの検査と予防、患者に対する問診、診断、治療、観察、病歴の作成、投薬、経管栄養の投与などがあります。
その他に、看護師が行う業務は看護計画や患者のケアプランの立案、患者への情報提供、家族への看護、医療施設の管理、その他の実践的な業務などにも及びます。

根拠としては、「令和2年以降の看護師法」及び「看護師の勤務に関する指導のための帝国政府通社知事令」が挙げられます。

看護師はどのような資格が必要ですか?
看護師の資格は、一般的に日本では医療法律第31条に基づいて認可が取得できる資格となります。
その上で、介護保険加入者が介護サービスを受ける権利を有しているため、介護保険法および施行令第47条第2項に定められている資格も取得する必要があります。
認可を取得するための理事会試験を含めて、厚生労働省が定める国家試験を受験していなければなりません。
注意しなければならないのは、これらの資格はすべて5年間有効の限定的な資格であることです。

看護師は患者に行うべき何をしますか?
看護師は患者の計画されたケアを行うために、患者に関する様々な介護業務を行います。
これらは、清潔な環境を維持し、患者をサポート、評価し、治療を行い、痛みや不快な状態を軽減し、食事の提供など、完全なケアを行うために必要なものです。
根拠としては、看護学の理論や実践的な経験、教育を基に看護スキルを習得します。
また、アメリカ国立看護研究所(NINR)の強い提唱にもより、専門的な看護専門家の経験と専門的な知識を持っている看護師が、有効かつ安全な看護提供を提供するための重要な作用を果たすという仮説が導き出されています。

看護師のキャリアアップのための機会はありますか?
看護師のキャリアアップの機会は多くの病院やケア施設などにおいてあります。
常に新たなスキルや知識を身につける機会を提供し、さらに能力を上げるための重要な仕事の仕方や経験を学ぶこともできます。
また、様々な分野の研究を行うことでより質の高い看護サービスを提供できるよう技能を向上させることも可能です。
さらに、看護師にとってプロフェッショナルスキルを高めるために準備された認定試験などを受ける機会を与えることも可能です。

【要約】
看護師の仕事は、患者さんの健康を維持・改善するための専門的な技能を持った医療従事者として、検査と診断である問診、治療、観察、投薬、経管栄養投与、プライマリケアや生活支援サービスなどの看護行為を担当します。また、患者に対する情報提供や家族への看護、ポジショニング、悪性新生物の発見、その他の実践的な業務なども担当します。そのため、日本では厚生労働省が定める国家試験(理事会試験を含む)を受験する必要があり、5年間有効な資格が取得できます。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ: